北商コーポレーション 採用情報/社員紹介 東京本店

売るだけでなく、その後のフォローも大切な仕事。粘り強い対応で顧客との信頼関係を築いていきたいと思います。

西本典史 東京本店 営業部営業課長 平成8年入社

北は青森から南は九州まで、全国を飛びまわっています。価格交渉や新商品紹介など既存顧客の対応から新規開拓まで、エリアも仕事の内容も広範囲に及んでいます。
現在の主な仕事は、船舶や工場への重油供給。船舶のオーバーホール時には、エンジンオイルを納入するだけではなく、現場に立ち会ってエンジンの中の状態を確認したりもします。モノを売るだけでなく、その後のフォローも私たちの大切な仕事です。
新しい船が造られると、オイルの納入コンペティションがあるのですが、それを勝ち取ったときは最高の喜びです。以前、続けて5隻頂いたことがあるのですが、当時はオイルの少ない時期で元売と交渉を重ねながら何とか納入できたときは、この仕事のやりがいを感じ取りました。
仕事上のポリシーはお客様に「本当のことを言う」こと。粘り強く接して理解していただき、信頼関係を築いていくことが大切だと考えています。

 

大切なのは、クライアントと当社の接点を見出すこと。将来、当社のオリジナル商品を開発するのが夢です。

大谷美樹 東京本店 営業部営業課主任 平成14年入社

ホテル・レストランへの消耗品、建築・産業資材、活性炭・吸着材など、幅広い商材の受発注に携わっています。そうした業務の中でクライアントとの価格交渉や新商品紹介なども行っていますが、日頃から心がけているのは顧客ニーズを把握しながらも、こちらの立場や状況を理解していただくこと。言葉では簡単ですが、この2つの接点を見出すのはとても難しいことだと感じています。日々の細やかな対応の中で、信頼を積み重ねていくことが大切だと思います。
これからの夢としては、北商コーポレーションのオリジナル商品の開発。クライアントの様々な声をキャッチして、それをメーカーにフィードバックする。両者の中間に立つ商社だからこそできる仕事なのではないかと考えています。

 

このページの先頭へ