札幌 東京の総合商社 北商コーポレーション|社長メッセージ

New Energies for the Best. 〜最善へと導くための活力〜

時代の一歩先を見つめながら、お客様の視点に立ち、社会と暮らしのお役に立ちたいと考えています。

株式会社 北商コーポレーション 代表取締役社長 土井孝

代表取締役社長 土井孝

エネルギー・環境問題の顕在化、内需の伸びの鈍化、市場の国際化など、社会・経済環境は急激に変化しています。こうした中で、2008年、北商コーポレーションは創立40周年を迎えました。これから先、いったいどんな時代になるのだろう、そのとき、どんな役割を果たすべきなのだろうか。そのためには、いま何をしておかなければならないのか。この節目の年に、私たちは社会やお客様に対して企業としての意志を明確に打ち出していかなければならないと考えました。

その意思表示として制定したのがコーポレートステートメント「New Energies for the Best」です。これは「最善へと導くための活力」という意味です。Energies=活力とは、社会やお客様をよりよい方向へと導く商品やシステム、サービスであり、それらを提案する社員一人一人の創造力です。かつての親会社である北海道炭礦汽船の社長・萩原吉太郎氏から受け継いだ企業理念「お客様あっての商売、従業員あっての会社」は根であり、コーポレートステートメント「New Energies for the Best」は幹と言えるでしょう。

私たちはすでに動き始めています。石油、LPガスなどの迅速・確実な納入に努力を続けながらも、新エネルギー事業に取り組んで参ります。また商務部門で培ってきたノウハウを生かした事業展開、高齢化社会を見据えた福祉事業への新たな取り組み、山林への植樹という社会貢献活動もそのひとつです。私たち北商コーポレーションは、常に社会とお客様の視線に立ち、着実にお役に立っていきたいと考えています。なにとぞ皆様の暖かいご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

このページの先頭へ